千勝神社(チカツジンジャ)

千勝神社

PR

千勝神社は第25代武烈天皇壬午の年、西暦502年に創建された神社です。 進み行く先に障害があればそれを打ち払い、 道が幾重にも分かれているならば正しい道を指し示し、道が途絶えてしまったならば新しい道をつけて下さって、万事物事を良い方向に導く「みちびき・みちひらき」の神様である猿田彦大神様を主祭神としてお祀りしています。

マイニュース

境内の桜が見頃を迎えました
境内にございます桜の殆どが五分咲き程度になり、神社の桜が見頃を迎えました。
鎮座50周年奉祝行事のお知らせ
今年は千勝神社の今のお社が建ってから50年の節目の年になり、その記念と致しまして5月17日の例大祭の日に様々な奉祝行事を行ないます。全国で約80,000社有る神社の中で、この千勝神社にしかない独自の舞「千神之舞」の披露や、伊勢の木遣り連にお越し頂き、昨年20年に一度の式年遷宮が執り行われた伊勢の神宮の木遣りを披露していただき、柏市を中心に広く活動しフランス公演の経験もある御響太鼓の演奏の他、日本三大花火品評会の全てで何度も入賞している山崎煙火製造所による打ち上げ花火等を行ないます。また、境内の一角のおまつり広場では、唐揚げ店「楽縁」や、土浦のC1グランプリで高い評価を受けた火門拉麺、米粉を使った独自の食感で人気のつくばsweetsのシフォンケーキなども販売します。どなたもご自由に御案頂けますので、是非皆さんでお誘い合わせの上お越し下さい。
開花宣言
本日、千勝神社の桜が開花いたしました。4月の第1週から2週にかけて見頃を迎える事と思います。
大寒禊のお知らせ
千勝神社では、1月26日(日)午後1時より大寒禊を執り行います。禊とはただ水を浴びて身を清める事ではなく、古くから続く神道の行法です。『様々な悩みを抱え日々に幸福を感じられない』『将来のことを考えても先が見えず不安ばかり募ってしまう』『目標に向かって進みたいのに巧く行かず焦燥感がある』『新しいことに挑戦するためのエネルギーを得たい』そんな時、魂を瑞瑞しく生まれ変わらせ、活力を得るためにみちひらきの大神の息吹に触れながら禊をしてみませんか。当日は、伊勢の神宮の禊場でもある五十鈴川で禊の指導経験がある神職から、禊について説明、指導致します。詳細の説明、お申し込みなどは社務所で承っております。参加申込は定員になり次第締め切らせて頂きます。当日はどなたでも自由に見学して頂きます。詳細は当神社ホームページでもご覧頂けます。
七五三御祈祷のご案内
七五三は別名霜月参りとも呼ばれ、御祓いの月である11月に子供の健康な成長を願う、関東のお武家さんの文化でしたが、60年程前より関東に限らず全国的に一般のご家庭でも行なわれるようになり、現在では多くのご家庭でお子様の健やかなる成長を願う行事として受入れられてることと思います。  千勝神社でも、古式に則り11月1日から11月30日までの1ヶ月間、毎日七五三御祈祷を執り行なっております。 詳細や、予約に関しての情報は当社HPをご参照下さい。
夏越大祓式のご案内
6月30日には、日本全国の多くの神社で「大祓式」が執り行なわれます。 大祓式は、およそ1300年前から行なわれている行事で、6月30日と12月31日の年2回行い、 半年間のうちに知らず知らずに身についた不浄をキレイに祓い落として、心身をリフレッシュさせる神事です。 特に6月の大祓式は「夏越神事」ともいわれ、すくすくと真っ直ぐに育つ生命力豊な茅で作った「茅の輪(ちのわ)」をくぐり、 青々とした茅の生命力を貰い、気が枯れてしまっている「気枯れ(ケガレ)」の状態から立ち直り、 暑さの厳しい夏を乗り越えられるとも云われています。 千勝神社でも、6月30日の午後2時より拝殿で大祓式を行ない、その後境内で茅の輪をくぐります。 千勝神社の茅の輪は、御本殿の鎮まる御神域で神様の息吹に触れながら育った茅で作っています。 大祓式や茅の輪くぐりにはどなたでもご参加戴けます、詳しくは神社社務所までお問い合わせ下さい。
参加者連絡先名千勝神社 (チカツジンジャ)
参加者連絡先所在地〒300-1264
茨城県 つくば市泊崎 173
電話番号029-876-3111
FAX番号029-876-3112
メールchikatsujinja@kna.biglobe.ne.jp
URLhttp://www.chikatsu.jp/
業種神社・仏閣
エリアつくば南部
施設内容神社仏閣
大きな地図で見る
Copyright © 2019 (一社)つくば観光コンベンション協会 All Rights Reserved.